記事一覧

サンデー毎日「がんと生きる」に載りました

サンデー毎日増大号(11.11号)の連載、「がんと生きる」~鍼・漢方の利用、東洋医学でQOLを向上させる~というがん治療に関する記事に副院長藤井が載りました。



サンデー毎日 癌と鍼灸


藤井副院長はかつて帯津三敬病院でホリスティック医学の第一人者・帯津良一先生のもとでがん患者に鍼灸治療を行っていました。
帯津先生の提唱するホリスティック医学とは、全人的医療ともいわれることが多く、「からだ」「こころ」「いのち」の3つを全体的にとらえた生命まるごとの医学思想です。

目白鍼灸院でも帯津三敬病院で培ったがん治療の経験を活かして多くのがん患者さんに鍼灸治療を行っております。


サンデー毎日 癌と鍼灸の記事


今回で9回目の「がんと生きる」では、がんの標準治療に併用されることが多くなった東洋医学にスポットを当てた記事で、がん治療における漢方薬と鍼灸の役割と効果などを詳細に紹介しています。


藤井が担当したのはがんに対する鍼灸治療の役割についての内容です。
がんに伴う痛みの軽減、西洋医学のがん治療に伴うしびれや吐き気、食欲不振などのさまざまな副作用の軽減、また、がん患者の予後・体調管理などについての鍼灸の有効性に触れています。


今後も西洋医学を補完する役目で東洋医学の役割が大きくなってくるはずです。
東洋医学の知恵と技術で多くの患者さんがQOLの向上に役立てられることを望みます。




banner_02.gif←ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。


TAG:目白 癌と鍼灸 抗癌剤治療 副作用 鍼 masaje がん治療と鍼治療 がんとはりきゅう がんの副作用と東洋医学 中国医学とがん治療 がん副作用軽減にハリ 抗癌針灸

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

予約状況

目白鍼灸院WEBへ

人気記事

湿気と体調の話「ジメジメとだるさの関係」
東洋医学の脾とは?脾の働き
人気漢方薬「婦人宝」のご紹介
緑茶は体を冷やす?? 緑茶と冷え
ローラー鍼・刺さない鍼のご紹介
自宅で出来るお灸!

記事一覧

開業から現在まで全ブログ記事一覧


プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
スタッフ紹介のページ
TEL:03-5996-8302 
月~土10:00~20:00
MAP:東京都豊島区目白3-5-6目白ITビル2F
JR山手線目白駅徒歩3分

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -