記事一覧

四川省への旅(4)快晴の黄龍

九寨溝を見学した翌日、朝6時に黄龍に向かって出発しました。
九寨溝から黄龍までの道は、3300mと4000mの2つの峠を越えていかなければなりません。

朝6時に出発した理由は、悪天候のためにこれらの峠道を通過するのに時間がかかる可能性があるからでした。


201110月黄龍へ1


というわけで、美味しいと評判のシェラトンホテルの朝食は無しになってしまいました。残念です。


201110月黄龍へ2
標高4007mの峠です。

一つ目の3300mの峠を越したら雪は止み、徐々に天気が回復傾向へむかい、その後4000mの峠も無事通過できました!ホントによかったです。


201110月黄龍へ3


黄龍に着くころにはとても気持ちの良い快晴に恵まれました。
標高が高いので寒く、まわりは雪景色です。
遊歩道を1時間ほど歩いて黄龍・五彩池へ向かうのですが、標高が高いので、徐々に息が苦しくなり、クラクラし始めます。

それでも少しでも早く黄龍を見たいので急ぎ足で歩きます。←これがマズかった。


201110月黄龍へ4


黄龍最上部に位置する五彩池(3553m)にやっと到着したころは、またもや高山病の急性発作でフラフラでした。
周りの人を観察してもそれほど苦しそうな人はいない様子でした。
また自分だけ高山病?


201110月黄龍へ5


じっとしていると呼吸が楽なので、しばらくここで撮影しながら休憩しました。


201110月黄龍へ6


気温が低すぎてだいぶ紅葉が終わってしまいましたが、紅葉とのコラボレーションはまたとても綺麗なことでしょう。
高い場所と低い場所のグラデーションが素晴らしいです。
ちいさなサイズでの写真紹介がとても残念です。


201110月黄龍へ7


建物さえ無かったらもっと良い風景なのにと思ってしまいますが、中国的にはこれも有りなのでしょうか?
仏教・道教的には大事な寺らしいです。


201110月黄龍へ8


とてもよい天気に恵まれて最高です。
望遠レンズを持って来たらもっともっと素晴らしい写真が撮れたかもしれません。
低酸素に強い人は是非とも望遠レンズも用意しましょう。


201110月黄龍へ9


朝早く出発したので時間がたっぷり有ったので、ゆっくりできます。助かりました。
すこし遠くから見ても素晴らしい風景です。


201110月黄龍へ11


下り道です。
棚田のような美しい水}(彩池)がずっとずっと続きます。
上空から見るとまるで一匹の龍が横たわっているようなので黄龍と呼びます。


201110月黄龍へ12


龍のウロコ?


201110月黄龍へ13


棚田はどこも真っ青な水で満たされています。


201110月黄龍へ14

滝。

最上部の五彩池(3553m)からふもとの池(3199m)まで下る3時間程度の遊歩道でした。
とても素晴らしい黄龍の景色を満喫できたのですが、下り道で頭痛が始まりちょっとつらかったです。
用意していた酸素もあまり効果が判らず・・・。


201110月黄龍へ15


帰り道、雪宝山(5588m)の頂上がよく見えました。
頂上が見えるのは非常に珍しいことらしく、頭痛でダウンして寝ている私をわざわざ起こして撮影させたほどガイドさんが興奮してました。


201110月黄龍へ16


小さい写真だとなかなかわからないと思いますが、雪宝山は中央よりやや左の尖った山だそうです。


天気がとてもよくて素晴らしい黄龍観光になりました。


次回は成都観光へつづく





banner_02.gif←ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。


TAG:中国旅行 四川旅行 九寨溝 黄龍 黄龍の紅葉 10月の黄龍


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

UP20150515鍼灸師募集しますUP20150515
詳しくはこちら

ツイッターにて当日の予約可能な時間をお知らせしております。

伊豆みかん農園ボランティア募集中!


目白鍼灸院WEBへ

プロフィール

MAC(MejiroAcupunctureClinic)

Author:MAC(MejiroAcupunctureClinic)
東京は豊島区目白で開業している目白鍼灸院・目白漢方薬店のブログです。
「健康に役立つブログ」を目指して頑張って更新します。



人気ブログランキング

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30