記事一覧

大震災から一カ月

大震災から一ヵ月が経ちました。
未だに多くの被災者の方が不自由な生活を余儀なくされています。一日も早く安心できる生活を取り戻すことを心から祈っております。


3月11日からの一カ月間、あまりブログを更新していませんでしたが、我々の生活にもたくさんの変化がありました。
本日はちょっとだけ、まとめてお伝えしようと思います。


〔節電に関すること〕
実は、目白鍼灸院はオール電化に近い状態でした。
暖房はエアコン3台とセラミックヒーターを2台+各ベッドにヒーターという、ものすごい電力消費体制でした。
そこで、まず購入したのがガスファンヒーターです。
一番使用頻度の高い部屋をガス暖房に切り替えることで、かなりの節電になります。

出来る限り効率よくベッドを使い、少ない部屋に暖房を集中させる作戦を取り入れました。


節電の助けにガス


各部屋の照明に使っていた白熱球を出来る限り取り除き、できるところはLED照明化をしました。
日中は電気照明を出来るだけ使わず、日光を取り入れるために窓に目隠しの半透明フィルムを貼りました。
フィルムを貼る作業はかなり地味な作業ですが、なかなか楽しい仕事でした。

その他にも、デスクトップパソコンを使用電力の少ないノートパソコンに替えてみたり、廊下の照明を暗くしたり、厚手の毛布やタオルを活用したりと、思いつく限り徹底した節電に取り組んでいます。


節電対策と現状


〔ボランティア活動に関すること〕
鍼灸やマッサージの技術によって、少しでも被災した方々のお役に立ちたいと思い、いろいろ考えてみました。
休みのほとんどない我々には被災地に行っての活動は難しいものです。(私自身の休日は月に1~2日)

そこで、比較的近い避難場所へボランティアの問い合わせをいくつか行いました。
問い合わせをしたいくつかの避難場所からいただいた回答は、ボランティア応募が殺到しているので、現時点では必要ないとのことでした。

避難生活は恐らく長期化することと思いますので、時期をみて違う避難所への問い合わせをしたり、別のアプローチをしたりなどの活動を考えています。


大震災 復興支援


〔その他〕
スタッフの藤井先生は伊豆のみかんを福島県に届けるボランティアを手伝いました。目白鍼灸院もこれらの活動を今後もバックアップし続けたいと思います。
また、ほんのささやかですが、目白鍼灸院として義援金を気持ちだけ振り込ませていただきました。

まだまだ余震はつづいていますし、落ち着かない日々が続きますが、平らな心で治療を行い、そして、日常を早く取り戻すことによって、復興の一助となればいいなあ、と思っています。








banner_02.gif←ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。


TAG: 東京都内 鍼灸院  義援金 鍼灸院 鍼灸師 ボランティア 




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

UP20150515鍼灸師募集しますUP20150515
詳しくはこちら

ツイッターにて当日の予約可能な時間をお知らせしております。

伊豆みかん農園ボランティア募集中!


目白鍼灸院WEBへ

プロフィール

MAC(MejiroAcupunctureClinic)

Author:MAC(MejiroAcupunctureClinic)
東京は豊島区目白で開業している目白鍼灸院・目白漢方薬店のブログです。
「健康に役立つブログ」を目指して頑張って更新します。



人気ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -