記事一覧

おかげさまで3周年

本日2010年1月24日に目白鍼灸院は、3周年を迎えました。
2007年に開院してから、あっという間の3年間でした。来院してくださる患者さん、サポートしてくださる方々に支えられての3年でした。

以前来院されていて、今は来院されていないけれど、このブログをブックマークして、たまにご覧になっている方もいると最近知りました。考えてみれば当たり前のことかもしれませんが、一人の患者さんの人生の一部に治療という形で関わることができ、そしてその後もインターネットという道具によって繋がっているという事は、とてもうれしいことです。

多くの方々と比較的深く関わらせていただく、ある意味で特殊な職業なので、少しでも良い鍼灸治療が出来るようにと努力していますが、その「良い」という意味について悩むこともしばしばです。
誰のために、何のためにしていることなのか、という基本的な疑問も消える事はありません。

「良い」とは何か?
患者さんにとってに「良い」とは何か?
「良い」治療とは?
もっというと、
一人の患者さんにとっての、治療の持つ意味とは何か?
鍼灸が、患者さんの日常生活や人生に及ぼす影響の大きさとは?
また、治療の及ぼす直接作用する時間と 治療内容の関係は?
あるいは間接的な意味も含めた治療の意味とは?

など、考えるときりがありません。

治療しているまさにその時、あるいは次の治療までの時間、あるいはもっと長い期間と、治療の与える影響も様々です。お辛い症状を取るということが目の前にある大きな課題ではありますが、もちろんそれと同時にもっと長いスパンでの影響も考えなくてはいけません。

たった十数年程度の経験で、まだまだ至らない点がたくさんあることも十分承知しています。
しかし、今できる最高の治療をいつも出来るように努力しています。

鍼灸に限らず、世の中にはいろいろな種類の療法が溢れていますし、鍼灸治療の中にも様々な種類があります。
鍼灸に出来ることと出来ないことがありますし、我々にできることと出来ないことがあるのも事実です。

「石の上にも三年」
三年経った今、改めて「石」とその上にいる我々の存在を問い直していこうと思います。

これからも、どうぞ皆様よろしくお願いします。








関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

予約状況

目白鍼灸院WEBへ

人気記事

湿気と体調の話「ジメジメとだるさの関係」
東洋医学の脾とは?脾の働き
人気漢方薬「婦人宝」のご紹介
緑茶は体を冷やす?? 緑茶と冷え
ローラー鍼・刺さない鍼のご紹介
自宅で出来るお灸!

記事一覧

開業から現在まで全ブログ記事一覧


プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
スタッフ紹介のページ
TEL:03-5996-8302 
月~土10:00~20:00
MAP:東京都豊島区目白3-5-6目白ITビル2F
JR山手線目白駅徒歩3分

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30