記事一覧

2018台湾研修(2) 擂って飲むお茶「擂茶(レイチャ)」体験

台湾研修(1)の続きです。

台北市より南へ約80キロ、新竹県の北埔老街へ「擂茶(レイチャ)」の体験に行ってまいりました。


20180628擂茶2


擂茶とは客家(はっか)人の文化で、豆や穀物などすって飲むタイプのお茶です。


客家擂茶れいちゃレイチャ20180704


擂る(する)お茶→擂茶

「擂」は、ゴマなどをすり鉢でする場合に使う漢字です。
中国語でレイチャといいますが、日本語では「すり茶」と言った方が良いのでしょうか。


20180628擂茶3


客家(はっか)とは中国の沿岸部に住んでいた漢民族の一部で、中国内外に移民し 独自の文化と言葉を守る人々を指します。台湾にもたくさんの客家人が住んでおり、新竹県北埔は客家の文化を色濃く残している街で有名だそうです。


20180628擂茶4


擂茶開始!
大きなすり鉢でゴリゴリ、ズリズリと茶葉と豆などを擂ってペースト状にします。
鉢と擂り棒の角度や力加減などいろいろコツがあるそうです。

20180628擂茶5


細かく滑らかな口当たりの良いペースト状になるまでひたすら擂るのですが、これがなかなか大変な作業です。
ちゃんと擂れてないと不味いらしいので頑張って擂ります。

20180628擂茶6


オッサン4人組で交代交代で30分近くゴリゴリ擂りまくり、やっとペースト状になってまいりました。
普段あまり役立つ機会のない筋トレマニアの私の腕力がこんな時にとても役に立った(今思えばおだてられて擂り作業を体よくやらされてた感もしないでもないですが・・・)のですが、お店のおばちゃんから「力を入れちゃダメ!」って何回も注意されてしまいました。


20180628擂茶7


お茶碗一杯分の緑茶の粉(?)を投入します。
この粉はお店のオリジナルで、中身はあまり詳しく教えてくださいませんでした。

20180628擂茶8


謎粉茶と擂ったペーストをよく混ぜて均一にします。


20180628擂茶9


ウーロン茶を注いで擂茶の出来上がり。
このウーロン茶も単独でとても美味しくて、この辺にも擂茶おいしさの秘密が隠されているような気がしました。

20180628擂茶10


やっと擂茶が飲めます。
ここまでたどり着くのにだいぶ時間がかかりましたが、達成感は充分感じます。
全員が空腹の状態でお茶を擂りまくっていたのですが、擂茶はピーナッツやゴマが入っているので飲むと不思議な満腹感があります。
みんなお茶でお腹一杯になって、結局のところ北埔では食事をしませんでした。


20180628擂茶12


擂茶アイスバージョン。
クラッシュアイスがたっぷり入っていて、冷たい擂茶もとても美味しくいただけます。

20180628擂茶13


熱い擂茶も、冷たい擂茶もどちらもとても美味しくて楽しめました。
きっと皆でゴリゴリゆっくり擂りながら会話やお茶の香り、雰囲気を味わうのも擂茶の楽しみ方なのでしょう。


20180628擂茶14


おまけ
この辺りでたくさん売っていた柚子茶。または酸柑茶。
柑橘類をくりぬいてお茶を詰め入れて カチカチに乾燥させた真っ黒なお茶で、これも客家の茶文化の一つらしいです。
ハンマーで叩き割って砕いて煎じて飲むようです。
喉の痛みやお腹の調子が悪いときにも薬効があるとか。




写真&記事:藤井



目白鍼灸院について

目白鍼灸院PCサイト

Mejiro Acupunctre Clinic











banner_02.gif←ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。



TAG:東京 目白 美容鍼 東京  新宿 池袋 鍼灸 漢方薬 中医学 擂り茶 すり茶 擂って飲むお茶 acupuncture tokyo
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

予約状況

目白鍼灸院WEBへ

人気記事

湿気と体調の話「ジメジメとだるさの関係」
東洋医学の脾とは?脾の働き
人気漢方薬「婦人宝」のご紹介
緑茶は体を冷やす?? 緑茶と冷え
ローラー鍼・刺さない鍼のご紹介
自宅で出来るお灸!

記事一覧

開業から現在まで全ブログ記事一覧


プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
スタッフ紹介のページ
TEL:03-5996-8302 
月~土10:00~20:00
MAP:東京都豊島区目白3-5-6目白ITビル2F
JR山手線目白駅徒歩3分

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -