FC2ブログ

記事一覧

東洋医学で脾といえば

中医学で大切な内臓のお話です。
内臓の中で特に大切な五臓。
あの「五臓六腑にしみわたる」でおなじみの「五臓」のことです。
では、
質問:五臓とは何でしょう?

消化器

答え:肝 心 脾 肺 腎のことです。

今日ご紹介するのは「脾」(ひ)とよばれる臓器。
西洋医学で言われる脾臓とは全く違います。

脾とは、いわば消化器系統の親分です。
消化器系統とは簡単に言うと胃腸のこと。
胃腸は食べ物を消化・吸収してエネルギー(気 血 水)にします。
この大事な大事な胃腸をまとめ上げ、働きを監督する重い役目を担ってます。

気血水が身体を構成しているということは先日お話をしましたが、
実はこの気血水は主に食べ物から作られます。
と言うことは、胃腸が実際に作る現場作業をしていて、脾はそれを監督指令しているわけです。

東洋医学で「脾が悪い」って指摘された事の有る人もいるかもしれませんが、
それは脾臓が悪いのではなくて消化器系統の事を指しているのです。


ちなみに西洋医学の脾臓は免疫やリンパ、血液再生などにかかわる臓器です。
ね、全く違うモノでしょ?
混乱しないでくださいね。






「気」の話はこちら→ところで「気」って?
「血」の話はこちら→身体をつくる「血」のはなし
「水」の話はこちら→身体をつくる「水」のはなし


脾についての連載記事:
東洋医学で脾といえば
脾の機能をアニメで表現!
東洋医学と脾について 第二弾
東洋医学と脾について 第三弾
東洋医学と脾について 第四弾
東洋医学と脾について 第五弾





banner_02.gif←ランキング参加しています。応援よろしくお願いします。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

予約状況

目白鍼灸院WEBへ

人気記事

湿気と体調の話「ジメジメとだるさの関係」
東洋医学の脾とは?脾の働き
人気漢方薬「婦人宝」のご紹介
緑茶は体を冷やす?? 緑茶と冷え
ローラー鍼・刺さない鍼のご紹介
自宅で出来るお灸!

記事一覧

開業から現在まで全ブログ記事一覧


プロフィール

スタッフ

Author:スタッフ
スタッフ紹介のページ
TEL:03-5996-8302 
月~土10:00~20:00
MAP:東京都豊島区目白3-5-6目白ITビル2F
JR山手線目白駅徒歩3分

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -