記事一覧

補腎の漢方「亀鹿先天丸」取扱いはじめました!

目白漢方薬店で「亀鹿先天丸(きろくせんてんがん)」という補腎(ほじん) の商品を取り扱い始めました!

補腎薬とは腎虚(じんきょ)の治療に使う漢方薬のことです。
腎虚とはなんなのか、すこしだけ解説してみます。



亀鹿先天丸20170101亀鹿二仙丸1




中医学で腎は泌尿生殖や成長・発育・老化などに関係する重要な器官です。

腎虚(じんきょ)とは腎の働きが低下している状態を指す言葉で、成長発育の不良や老化による体の衰えも早まります。
また体の水分調節を通じて体温コントロールも担うので冷えやむくみなども深く関連してます。
そのほか、
発育不良、発達障害など小児の成長障害、
耳鳴やめまいなどの耳を主とした感覚器の症状、
記憶力や健忘など老化や脳に関わる症状、
不妊、生理不順、PMS、更年期障害など女性ホルモン関連の症状、
EDや脱毛、男性更年期障害など男性ホルモン関連の症状などとても広く関係してます。



腎虚・じんきょ・東洋医学腎・中医学腎・腎虚証の症状

これらの症状の鍼灸治療を受けてる方は試してみる価値あります!





亀鹿先天丸は補腎(ほじん)といって、衰えた腎のパワーを補うためのとても優れた商品です。
鹿茸(ろくじょう)鹿の角の成分、
亀板(きばん)亀の腹側の甲羅の成分、
枸杞子(くこし)、黄精(おうせい)、女貞子(じょていし)、人参(にんじん)などの生薬で腎の働きを充実させます。


腎は血の原料である精の貯蔵場所でもあるために、血を補うための漢方薬を組み合わせることでよりいっそう血の充実が図れます。


20160218婦人宝12

血を補う「婦人宝」と組み合わせて造血力アップ




たとえば、不妊、貧血、PMS、冷えやむくみの症状が強い場合など血を早く補充したい時には補血の漢方薬と組合わせれば大いなる相乗効果が期待できます。



亀鹿先天丸を以下の漢方薬と組み合わせて薬力アップも!

牛車腎気丸:冷え体質むけで、むくみ、下半身の冷え、痛み、しびれに
六味地黄丸:のぼせと乾燥をともなう腎虚で、睡眠障害や高血圧をともなう場合など
滋陰降火湯:手足の火照りが強く、イライラを伴う熱性の腎陰虚のかたへ
滋腎通耳湯:難聴、耳鳴、眩暈、など耳や頭部の症状が顕著な場合に


亀鹿先天丸 価格
30日分60包 10000円+税
10日分20包 3500円+税



目白漢方薬店では中医学の診察方法に基づいた「弁証」を行ったうえで適切な漢方薬を紹介いたします。
診察を受けていない方への漢方薬の販売はお断りしておりますのでご了承ねがいます。
(食品扱いの商品はこの限りではありません)

目白鍼灸院・漢方薬店





banner_02.gif←ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。


TAG:mejiro tubo 東京 豊島区 漢方薬 目白針灸院 はりきゅう ハリ治療 はり治療 針術院 豊島区 東京 新宿区下落合  薬店 目白漢方薬 補腎 腎虚 漢方 亀鹿先天丸 腎虚とは? 腎虚の漢方 補腎薬とは








コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAC(MejiroAcupunctureClinic)

Author:MAC(MejiroAcupunctureClinic)
東京は豊島区目白で開業している目白鍼灸院・目白漢方薬店のブログです。
「健康に役立つブログ」を目指して頑張って更新します。



人気ブログランキング

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ