記事一覧

続発性下肢リンパ浮腫

症例報告:奥出


患者:70代女性


●主訴と現病歴
1998年子宮頚がん手術。
放射線照射、化学療法(抗がん剤治療)なし。
術後、浮腫を発症するが1年でおさまった。
2011年1月、右足親指から足関節(足首)までの浮腫に気づくが特に治療せず。
同年10月、海外旅行でたくさん歩いたこと、飛行機で長時間座っていたことにより、浮腫が増悪。
帰国後、医療機関を受診するも具体的な治療は行われなかった。
その後、徐々に浮腫は治まった。
2012年10月、蜂窩織炎発症。皮膚科にて抗生物質投与。
再診時に炎症反応の消失を確認。


●既往歴
術後、膀胱炎になりやすい。


●治療方針
初診来院時には右足全体に発赤、腫脹、熱感があり、特に膝下は水分量の多い浮腫があった。
皮膚科において炎症反応の消失が確認され、マッサージの許可も得ていることから治療を開始。
ただし右足は軽度のマッサージと包帯による圧迫にとどめ、体幹のマッサージを主とした。
2回目以降は熱感と腫脹が消失したので右足のマッサージと圧迫による積極的な排液を行い、ご自宅でもケア(セルフマッサージと膝下までの包帯)を行っていただくよう指導したところ、右足の周径値が減少した。
1週間半後(4診目)、足関節部分の浮腫に対してウェーブスポンジを追加した。
2週間半後(6診目)、パンストタイプの弾性ストッキングを購入いただいた。その後2/月ペース。
2月から1/月ペースで通院中。良好な皮膚の状態と周径値を保っている。




目白鍼灸院について








関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

UP20150515鍼灸師募集しますUP20150515
詳しくはこちら

ツイッターにて当日の予約可能な時間をお知らせしております。

伊豆みかん農園ボランティア募集中!


目白鍼灸院WEBへ

プロフィール

MAC(MejiroAcupunctureClinic)

Author:MAC(MejiroAcupunctureClinic)
東京は豊島区目白で開業している目白鍼灸院・目白漢方薬店のブログです。
「健康に役立つブログ」を目指して頑張って更新します。



人気ブログランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -